ラポマインの使用法で何が変わる?効果って本当にあるの?

汗をかきやすい時期になると気になるのがワキガです。

 

どんなにゴシゴシとこすって清潔にしようとしても、制汗剤を使っても脇から生じてしまう刺激臭を改善できずに悩んでいる方は多くいます。

匂いが気になるため、夏場でもノースリーブが着れなかったり電車の中ではつり革に掴まれなかったり、周りの視線が気になって集中できなかったり、その悩みは人によって異なります。

 

そして最近では様々なワキガケアがありますが、どれを使ってもなかなか改善できないという方におすすめなのが「ラポマイン」です。

 

まず、ワキガケアの多くは殺菌成分と制汗成分が含まれています。

 

なぜならワキガとはアポクリン汗腺から生じるタンパク質や脂質などを含む汗が肌の常在菌により分解されて生じる匂いだからです。

 

しかし、実はこれだけでは刺激臭を抑えることはなかなかできません。

 

なぜなら制汗成分により肌が乾燥してさらに汗や皮脂が過剰分泌され、それにより雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

 

しかし、「ラポマイン」には保湿成分もたっぷり配合されています。

 

そのため肌の乾燥を防ぐことで汗や皮脂を抑制してワキガを抑制することができるのです。

 

そんな保湿成分としては肌に優しい植物エキスが21種類配合されています。

 

さらに殺菌効果の高いイソプロピルメチルフェノールや制汗作用の高いフェノールスルホン酸亜鉛も配合されています。

 

そのため、肌に塗るだけで保湿、殺菌、制汗の3つの効果でワキガを抑制することができるのです。

そんな「ラポマイン」の口コミは高く、ワキガに悩んでいる方に好評です。

 

使用している方からは「今では匂いに悩まずに生活できる」、「塗るか塗らないかで匂いの差が激しい」、「娘のワキガ対策に悩んでいたが、これで親子共々安心して過ごせる」と高評価の声が多くあります。

 

このようなことから、ワキガに悩んでいる方や何を使っても効果がないという方におすすめです。

 

伸びがいいクリームでベタつかないので、毎日使いやすくなっています。

 

筆者について

niko

記事を表示 →